スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby Unconscious

長らく最近の制作したものをアップできていなかったので
まとめてご紹介します。



Ruby Unconscious

2012年 / 4分 / ビデオ

RubyUnconscious



午睡から目覚めると、時空を超えた記憶が、身体の中に飛び込んできた。
その時、誰もが持っている、無意識のルビーが光を放つ。



- - - - - - - - - - - - - -


動夢vol.2の上映会のために制作したアニメーションです。


上映会は6月に無事終了しましたが、
その上映会の告知時にTwitterに投稿した
紹介文を転載します。

>新作「Ruby Unconscious」はとても説明しづらい作品で、
>「ブッダの夢」という中沢新一氏と河合隼雄氏の対談集があり、
>その本を読んでいた頃に強烈な夢を見て金縛りのような状態になったことがありました。
>その時に網膜に見た像が作品の素になっています。

>河合隼雄氏は言わずと知れたユング派の心理学者で、
>中沢新一氏は人類学者・宗教学者、最近は緑の党設立などで
>名前を耳にした方も多いかと思います。「ブッダの夢」はそのお二方が
>仏教をテーマに対話をされている対談集です。」

>「ブッダの夢」、私にとっては高尚かつ興味深い会話で何度も読むのですが、
>さらっと話されているのに深遠かつ茫漠たる内容で、
>理解できるようでできなくて、読んだあとに何も残らないという(笑)、
>何ともいえない魅力的な本であります。

>作品としてはこの本からのイメージ以外の意味合いも含まれていますが、
>もしご興味あれば、本を読んでから作品を観ていただくか、
>作品を観た後に本を読んでみるのもオツかもしれません。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://fujiymana.blog103.fc2.com/tb.php/68-2caf52c3

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。